国立感染症研究所、公開情報の「科学を逸脱した解釈」「切り取り引用」に強い懸念 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

国立感染症研究所、公開情報の「科学を逸脱した解釈」「切り取り引用」に強い懸念

国立感染症研究所(NIID)は8月2日、新型コロナウイルス感染症に関する同研究所Webサイトの不適切な引用について注意喚起を行った。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 国立感染症研究所(NIID)は8月2日、新型コロナウイルス感染症に関する同研究所Webサイトの不適切な引用について注意喚起を行った。

 同研究所では、多くの研究者が専門家としての責任と理念のもと、時間をかけ、熟考したうえで文書を作成した上でWebサイトに掲載しているが、同研究所からの情報の一部を切り取り、科学的な議論の範囲を逸脱した解釈を行っている内容の記事やSNS、メールマガジンでの投稿等が散見されているという。

 同研究所では、元々の内容を大きく変えたり、自らの主張に都合のいいように一部の文言だけを切り出して使用することは、同研究所が誤った内容を発信している印象を与えるだけでなく、科学を踏まえた健全な社会の議論を歪めてしまうと強く懸念、文章全体を精読し、正確な内容を理解した上でリンクを伴った引用等を通じて議論することを呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×