「バグハンター大学」開校、Google がバグバウンティプログラムを刷新 | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

「バグハンター大学」開校、Google がバグバウンティプログラムを刷新

Google は、「Vulnerability Reward Program」と呼ぶ同社の懸賞金付きのバグ報告プログラムを通して、2010 年以降同社の各サービスで見つかった 1 万 1,055 件のバグに対して懸賞金を支払ったと明かした。

国際
bughunters.google.com/learn
 Google は、「Vulnerability Reward Program」と呼ぶ同社の懸賞金付きのバグ報告プログラムを通して、2010 年以降同社の各サービスで見つかった 1 万 1,055 件のバグに対して懸賞金を支払ったと明かした。

 1 万 1,055 件のバグというとかなりの数に思えるかもしれない。しかし、他のソフトウェア企業と比較すると特に多い数ではない。マイクロソフトは、毎月公開している「Patch Tuesday」パッケージで、常日頃 100 件を超える欠陥を修正している。また、オラクルは、四半期ごとのパッチコレクションで、しばしば 300 件を優に超えるコード修正を行っている。つまりマイクロソフトやオラクルも、バグの数は 11 年経てば 1 万 1,000 件を超えることになるのだ。
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. 割のいいリゾートバイト求人 その実態は暗号資産詐欺の奴隷労働:FBI 注意勧告

    割のいいリゾートバイト求人 その実態は暗号資産詐欺の奴隷労働:FBI 注意勧告

  3. 国連サイバー犯罪条約が「グローバル監視協定」になる危険性

    国連サイバー犯罪条約が「グローバル監視協定」になる危険性

  4. Steamの脆弱性を突いて審査を回避、存在しないゲームを不正リリース

  5. CrowdStrike Blog:中国政府がTURBINE PANDA(タービンパンダ)と中国のトップスパイを働かせてジェット旅客機C919の製造で楽をした方法

  6. 海外における個人情報流出事件とその対応 第229回 狙われる給与業務委託(2)「カネがある」給与業務が新たなターゲット

  7. 謎のランサムウェア攻撃で Git のコミット消失、救出と引換にビットコイン要求の模様(The Register)

  8. Windows 10ではSafeDiscと特定バージョンのSecuROMのDRMシステムを利用した古いゲームがプレイ不可に、セキュリティホールとなる可能性を考慮

  9. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  10. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×