トレンドマイクロと国連薬物犯罪事務所が連携、ASEAN地域で「サイバー攻撃防御演習」を提供 | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

トレンドマイクロと国連薬物犯罪事務所が連携、ASEAN地域で「サイバー攻撃防御演習」を提供

トレンドマイクロ株式会社は7月6日、国際連合でサイバーセキュリティを含むテロとの闘いに法的、技術的支援を行う国連薬物犯罪事務所(UNODC)とASEAN地域における国連加盟国の行政機関に対し「サイバー攻撃防御演習」の提供を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は7月6日、国際連合でサイバーセキュリティを含むテロとの闘いに法的、技術的支援を行う国連薬物犯罪事務所(UNODC:United Nations Office on Drugs and Crime)とASEAN地域における国連加盟国の行政機関に対し「サイバー攻撃防御演習」の提供を発表した。今回の演習提供先はマレーシア、タイ、フィリピン、ベトナムとなる。

 「サイバー攻撃防御演習」では、標的型攻撃やランサムウェア、ビジネスメール詐欺などのサイバー攻撃の最新動向を理解するとともに、効果的なセキュリティ対策や技術の習得を目的に、参加者は攻撃者側と防御者側の双方の視点からサイバー攻撃の手法を学び、侵害されたネットワークの調査・分析を行うことで、セキュリティの現場で活用できる実行力を強化する。

 本演習は6月14日から18日までの5日間、オンラインで開催、「トレンドマイクロ サイバーセキュリティ・イノベーション研究所」がトレーニングコンテンツの開発・提供を行った。

 UNODCはトレンドマイクロと連携し、サイバー犯罪に対抗するためのインシデントレスポンスに特化した演習を提供することで、参加者が標的型攻撃に直面した際のサイバー犯罪における調査力やインシデント対応力の向上を図った。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×