大阪府警、令和3年度のサイバー犯罪捜査官の選考案内開始 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

大阪府警、令和3年度のサイバー犯罪捜査官の選考案内開始

大阪府警察は7月2日、令和3年度(2021年度)サイバー犯罪捜査官(巡査部長)の採用選考について発表した。

製品・サービス・業界動向
 大阪府警察は7月2日、令和3年度(2021年度)サイバー犯罪捜査官(巡査部長)の採用選考について発表した。

 サイバー犯罪捜査官は、高度な情報処理技術でサイバー空間における犯罪捜査を専門的に行う警察官で、コンピュータ・ネットワーク等の専門知識を活かし、通信機器や差し押さえたデータの解析などの犯罪捜査から検挙までを手がける。また、サイバー犯罪被害防止のためのサイバーセキュリティ対策なども行う。

 受験資格は選考実施年度の3月31日現在の年齢が25歳以上40歳以下の者で、採用予定日にて情報処理に関する業務に従事した期間を通算2年以上有し、かつ下記のいずれかの試験に合格していること。

・応用情報技術者
・システム監査技術者
・エンベデッドシステムスペシャリスト
・ネットワークスペシャリスト
・ITサービスマネージャ
・ITストラテジスト
・システムアーキテクト
・プロジェクトマネージャ
・データベーススペシャリスト
・情報処理安全確保支援士
・技術士(情報工学部門)
※上記と同等以上の能力を有すると人事委員会が認める試験に合格している者

 選考案内配布は7月2日から、申込受付(郵送又はインターネット)は8月2日から8月31日までで、最終合格発表は12月中旬を予定している。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

    マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

  2. 漫画内容を無断配信していたネットカフェ経営者らが摘発された事件について概要を発表(ACCS)

    漫画内容を無断配信していたネットカフェ経営者らが摘発された事件について概要を発表(ACCS)

  3. 「iTrust 電子署名用証明書 USB トークンタイプ」ユーザーに認定タイムスタンプを無償付与

    「iTrust 電子署名用証明書 USB トークンタイプ」ユーザーに認定タイムスタンプを無償付与

  4. 非接触カードやスマートフォンで扉の施解錠が可能に(YKK AP)

  5. サイバーセキュリティ防衛技官募集、実務経験13年以上の31歳から58歳(防衛省)

  6. Proofpoint Blog 30回「DMARCを実装してPCI DSS v4.0要件に対応する」

  7. NTTドコモ「意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせ」機能を 7 月上旬から提供

  8. 文科省「デジタル人材育成推進協議会」初回議事録公開

  9. 支援金募集中! 1,500円で NetSecurityを応援しよう! 支援特典あり!

  10. 東証プライム上場企業、社員 200 名を GSX の認定サイバーセキュリティ技術者コース受講でプラスセキュリティ人材へとリスキリング

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×