IPAが「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として5つのサービスを登録し認定 | ScanNetSecurity
2022.07.03(日)

IPAが「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として5つのサービスを登録し認定

経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月15日、2021年2月に策定した「サイバーセキュリティお助け隊サービス基準」を満たした5つのサービスを「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として登録し、同日発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月15日、2021年2月に策定した「サイバーセキュリティお助け隊サービス基準」を満たした5つのサービスを「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として登録し、同日発表した。

経済産業省とIPAでは2019年度より、中小企業のサイバーセキュリティ対策を支援する仕組み構築を目的とした実証事業「サイバーセキュリティお助け隊」を2年にわたり実施、この結果を踏まえ、IPAでは中小企業に対するサイバー攻撃への対処支援サービスに不可欠なサービスを要件としてまとめた「サイバーセキュリティお助け隊サービス基準」を策定しており、当該基準を満たすサービス事業として申請された事業案について2020年3月に第1回審査を行った。

「サイバーセキュリティお助け隊サービス」は、サイバーセキュリティお助け隊サービス基準に策定されている、相談窓口、システムの異常の監視、緊急時の対応支援、簡易サイバー保険など中小企業のサイバーセキュリティ対策支援サービスに不可欠な各種サービス内容を満たすと判定されたサービスに対し、IPAがブランド管理を行う「サイバーセキュリティお助け隊マーク」の利用を許諾し支援サービス事業の展開を後押しする。

第1回審査を経て「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に登録されたサービスは以下の通り。

・大阪商工会議所:商工会議所サイバーセキュリティお助け隊サービス
・MS&ADインターリスク総研株式会社:防検サイバー
・株式会社PFU:PCセキュリティみまもりパック
・株式会社デジタルハーツ:EDR運用監視サービス「ミハルとマモル」
・SOMPOリスクマネジメント株式会社:SOMPO SHERIFF(標準プラン)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×