国土交通省、バリアフリー情報をオープンデータとして整備し公開 | ScanNetSecurity
2022.07.03(日)

国土交通省、バリアフリー情報をオープンデータとして整備し公開

国土交通省は4月9日、神奈川県および国内民間企業等5社が保有する施設のバリアフリー情報をオープンデータとして整備し公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
国土交通省は4月9日、神奈川県および国内民間企業等5社が保有する施設のバリアフリー情報をオープンデータとして整備し公開した。

同省ではユニバーサル社会の構築に向け、ICTを活用した歩行者移動支援サービスの普及展開を推進しており、今回は、神奈川県、小田急電鉄株式会社、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、京浜急行電鉄株式会社、株式会社横浜銀行、株式会社東日本銀行の6団体と連携し、各団体が保有するバリアフリートイレやエレベーターの情報といった店舗等施設のバリアフリー情報をオープンデータとして公開した。同省が民間企業と連携した取組としては初の試みとなる。

同省は、民間事業者等より様々な移動支援サービスが提供される環境整備のため、バリアフリー情報をオープンデータとして整備・公開することを重要視し、引き続き官民連携でバリアフリー情報のオープンデータ化・活用の取り組みを推進するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×