ガートナーの日本のテレワーク展望、2025年3割が「リモート・ファースト企業」に | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

ガートナーの日本のテレワーク展望、2025年3割が「リモート・ファースト企業」に

ガートナー ジャパン株式会社は4月6日、日本のテレワークに関する2021年の展望を発表した。本展望では、日本企業のIT部門が2021年以降のテレワーク戦略を策定する際に注目すべき今後3~5年のトレンドを解説している。

調査・レポート・白書・ガイドライン
ガートナー ジャパン株式会社は4月6日、日本のテレワークに関する2021年の展望を発表した。本展望では、日本企業のIT部門が2021年以降のテレワーク戦略を策定する際に注目すべき今後3~5年のトレンドを解説している。

同社は2025年までに、企業の30%が「リモート・ファースト企業(テレワークを当たり前のものとする企業)」へ転換すると予測、日本企業はテレワークを恒久的な働き方と位置付け、重要な戦略の1つとして取り組むべきと指摘している。

本展望によると、同社が2020年9月に実施した調査より、テレワークで無駄な仕事の削減や生産性の向上など、根本的な働き方そのものに踏み込んだ効果について限定的であり、2024年までテレワークを推進する企業の65%はツール導入やインフラ整備にとどまり、従業員満足度の向上を含むベネフィットを達成できないと予測している。

また、2024年までにテレワークを実施する大手企業の80%は、出社機会の減少で不足しがちな従業員間のコミュニケーションを補強し従業員エンゲージメントを確保するために、社内ソーシャル・ネットワークを再評価するとしている。

同社では、今後も続く働き方改革や事業継続計画(BCP)、人材確保、オフィス・スペースの見直しなどの理由から、リモート・ファーストへの転換を試みる企業は少しずつ増加し、2025年までに企業の30%が「リモート・ファースト」企業へと転換すると予測している。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  2. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  3. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  4. 2023年届出件数 過去最高 100万件超え「フィッシングレポート 2024」公開

  5. パスワードを使いまわす人は4~5割、自分で記憶や紙にメモが2トップ

  6. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

  7. 2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

  8. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  9. SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

  10. NRIセキュア「企業における情報セキュリティ実態調査 2023」公表、日本の生成 AI 導入済企業 18.0%

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×