富士ソフト、CSIRT 構築 運用支援サービス開始 | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

富士ソフト、CSIRT 構築 運用支援サービス開始

富士ソフト株式会社は4月2日、セキュリティ事故を未然に防ぐ「CSIRT」(Computer Security Incident Response Team)の取り組みを支援する「CSIRT構築支援サービス」「CSIRT運用支援サービス」を同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
富士ソフト株式会社は4月2日、セキュリティ事故を未然に防ぐ「CSIRT」(Computer Security Incident Response Team)の取り組みを支援する「CSIRT構築支援サービス」「CSIRT運用支援サービス」を同日から提供開始すると発表した。

今回、提供開始する「CSIRT構築支援サービス」では、同社のセキュリティエンジニアが顧客環境の調査・分析を行い、最適なセキュリティインシデント対策チームの構築を行い、「CSIRT運用支援サービス」では、CSIRTの効率的な運用とさらなる施策提案、教育支援を行う。

また同社では、AIによるネットワーク監視とアナリスト分析の高度なセキュリティサービス「SOC」(Security Operation Center)を提供しており、これらのサービスを組み合わせることで、より強固なセキュリティ対策の実現が可能となる。

「CSIRT構築支援サービス」「CSIRT運用支援サービス」ともに価格は個別見積で4月2日から提供開始。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×