Firebox の spamBlocker エンジンが Proofpoint 社に移行 | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

Firebox の spamBlocker エンジンが Proofpoint 社に移行

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は4月1日、同社のFireboxアプライアンスに搭載されるスパムメール対策機能「spamBlocker1」について、高精度のセキュリティ機能を提供するためにエンジン移行を行うことを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は4月1日、同社のFireboxアプライアンスに搭載されるスパムメール対策機能「spamBlocker1」について、高精度のセキュリティ機能を提供するためにエンジン移行を行うことを発表した。

同社では現在、spamBlocker エンジンとしてFireware OS バージョン 12.5.3 以下のアプライアンスにはCyren 社のものを、Fireware OS バージョン 12.5.4 以上のアプライアンスにはProofpoint 社のものを使用している。

同社ではこの度、より高精度なスパムメール検知が可能な Proofpoint 社エンジンへ移行することで、メールを通じたセキュリティ脅威対策を強化、スパムメールの検知精度を高めることで顧客のメール業務のさらなる効率化が可能となる。

同社ではProofpoint 社エンジンへの移行メリットとして次の5点を挙げている。

・メールヘッダ分析のための IP レピュテーション機能強化により、フィッシング攻撃への対策を強化、レピュテーション送信先は日本国内となるため処理速度が向上

・ブラックリスト情報などの多種多様な脅威インテリジェンスをクラウドで収集しメールセキュリティ機能を強化

・Firebox 内部で検査のためのキャッシュを保持しない方式となり、Firebox の処理負荷を大幅に軽減が可能

・検査対象のメールサイズ(ヘッダーのサイズ)が無制限となり、基本的に全てのメールがチェック対象となるためメールセキュリティ向上が可能(Cyren 社は最大 2MB まで)

・メール添付ファイルに対してハッシュによるマッチングが可能となり検査処理を効率化可能

同社によると、Fireware OS バージョン 12.5.3 以下のアプライアンスを利用している顧客は、バージョン12.5.4 以上にアップグレードすることでProofpoint 社エンジンの利用が可能となり、またCyren 社エンジンは 2021年7月31日で提供とサポートを終息する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×