Google Chrome での混在コンテンツのブロック、全コンテンツ「https」化を | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

Google Chrome での混在コンテンツのブロック、全コンテンツ「https」化を

フィッシング対策協議会は4月1日、Google Chrome における混在コンテンツのブロックについて報告した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
フィッシング対策協議会は4月1日、Google Chrome における混在コンテンツのブロックについて報告した。

混在コンテンツとは、「https(暗号通信)」 でアクセスできるWebサイトのページ内に、「http(暗号化されない平文通信)」で読み込まれるコンテンツが存在していることを指し、混在コンテンツがある場合は、ブラウザのアドレスバーに「保護されていない通信」と表示される。

Google社では、ユーザーを安全でないコンテンツのダウンロードから保護するためにChrome 84 から Chrome 87 で段階的に警告を表示し、最終的に Chrome 88 以降でブロック、この警告は、「https(暗号化された)」Webサイト上にある「http(暗号化されていない平文の)」ファイルをダウンロードする際に表示される。サーバ管理者は、管理運営するサイトが Chrome でエラーや警告が出ていないことを確認するよう呼びかけている。

Webサイトが「https」であってもページ内のリンク先に「http」でアクセスするファイルがある場合、改ざんされたファイルが送信されても検知できず、悪意ある第三者にマルウェアなどへ差し替えられる可能性があり、これらの脅威からユーザーを保護することを目的に Google社ではChrome における段階的な混在コンテンツの制限を行っている。

同会では、警告表示やブロックを回避するために、すべてのコンテンツを「https」化しWebサイトすべてを常時 SSL 化するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×