オンラインサロンへのPCI DSS準拠のための脆弱性検査仲介サービス開始 | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

オンラインサロンへのPCI DSS準拠のための脆弱性検査仲介サービス開始

株式会社ビルドサロンは3月21日、PCI DSSに準拠するための脆弱性検査(ASVスキャン)の提供代行仲介サービスを同日から試験的に開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ビルドサロンは3月21日、PCI DSSに準拠するための脆弱性検査(ASVスキャン)の提供代行仲介サービスを同日から試験的に開始すると発表した。

オンラインサロンにキャリア決済や自社決済を導入する場合に、クレジットカード取り扱い会社から要求される事項の一つにPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)への準拠があり、PCI DSSでは要件として4半期に1回の認定ASV(Approved Scanning Vendor)による外部ネットワークの脆弱性スキャンを受けることが義務付けられている。

本サービスでは同社がASVに仲介し、オンラインサロンのPCI DSS準拠を目的とするサポートサービスの提供を行う。

本サービスは、オンラインサロンを過去に同社で開発した事業者、オンラインサロンをこれから同社で開発予定の事業者、自前のオンラインサロンを既に所有している事業者を対象、申込はメール、電話、お問い合わせフォームから受け付けている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×