「Call of Duty: Warzone」マッチが強制終了、チーターによる悪質なハッキングの可能性も | ScanNetSecurity
2022.10.05(水)

「Call of Duty: Warzone」マッチが強制終了、チーターによる悪質なハッキングの可能性も

複数のプレイヤーが生き残っているにもかかわらず、マッチが強制終了してしまいます。

脆弱性と脅威 脅威動向
Game*Sparkレビュー:『Call of Duty: Warzone』


Infinity WardとRaven Softwareのバトルロイヤルシューター『コール オブ デューティ ウォーゾーン(Call of Duty: Warzone)』において、マッチが強制終了されるという現象が報告されています。



この動画では、19人のプレイヤーが生き残っているのにも関わらず、ロビー全体で突然マッチが終了しています。この画面は試合が自然に終了した時にしか表示されない「Final Kill」というハイライトです。


バグの可能性も捨てきれない今回の現象ですが、チーターによる悪質なハッキングの可能性も考えられています。というのも、このマッチ中に明らかなチート行為を行っているプレイヤーが倒された直後にこの現象が発生したからです。そのため、このプレイヤーがチートの使用にも関わらず敗北してしまった腹いせに、最後の手段としてチートを使用したのではないかというのです。



この現象の報告は他にもう一例上がっていますが、こちらは60人以上のプレイヤーが残っているにも関わらずマッチが終了。もしも偶然起こったバグではなくチートであった場合、ゲーム全体に悪影響を及ぼす悪質なものと言えるでしょう。


『ウォーゾーン』では独自のアンチチートプログラムを使用しているようで、2021年2月までに累計で30万件以上のアカウントをBANしているといいます。「スティムグリッチ」などのバグ修正にも精力的に取り組んでいる同作ですが、この問題にはどういった対応を取るのでしょうか。


※UPDATE(2021/3/15 12:45):開発元をInfinity WardとRaven Softwareに修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

チーターによるハッキングか?『CoD:Warzone』でマッチが途中で強制終了する謎の現象が報告【UPDATE】

《藤田 幸平》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×