八景島シーパラダイスへの卒業遠足中に生徒名簿を紛失、ズボンの後ろポケットに入れたままで巡回 | ScanNetSecurity
2024.06.17(月)

八景島シーパラダイスへの卒業遠足中に生徒名簿を紛失、ズボンの後ろポケットに入れたままで巡回

神奈川県横浜市は2月26日、市立中学校の教諭が卒業遠足での指導中に生徒名簿を紛失したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
神奈川県横浜市は2月26日、市立中学校の教諭が卒業遠足での指導中に生徒名簿を紛失したことが判明したと発表した。

これは2月23日に、横浜市立大道中学校(金沢区)の50代男性教諭が八景島シーパラダイスへの卒業遠足にて、かばんから取り出して使用した生徒名簿等の印刷物を、使用後に折りたたんでズボン後ろのポケットに入れたままで施設内を巡回しながら生徒への指導を実施、帰りに集合した生徒を確認するため生徒名簿を取り出そうとしたところ紛失が判明したというもの。同校では卒業遠足前日の打ち合わせで、学年主任から生徒名簿の管理について注意喚起が行われていたが、当該教諭は個人情報保護に関する意識が希薄なまま生徒名簿を含む印刷物をかばんの中でなく、ズボンのポケットに入れた状態で持ち歩いたことが原因。

紛失した生徒名簿等の印刷物には、第3学年の生徒142名分の学年、学級、氏名と教職員14名分の名字、私用の携帯電話番号が記載されていた。

同校では翌2月24日に、対象の生徒保護者宛に報告と謝罪の文書の配布とメール配信を行った。

同校では同施設内の遺失物センターに確認したが発見に至らず、同施設に遺失物届を提出、金沢警察署にも遺失物届を提出している。

同校では、校外行事等で個人情報を持ち出す場合は、書類を落とさないよう口が閉じるファイルやかばんの使用を厳守するなど、全教職員に対し個人情報保護のルールを徹底し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×