Active Directory 限定のペネトレーションテストサービス | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

Active Directory 限定のペネトレーションテストサービス

サイバートラスト株式会社は2月9日、脆弱性診断サービスの新たなメニューとして企業ITシステム向けの「Active Directory ペネトレーションテスト」を同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
サイバートラスト株式会社は2月9日、脆弱性診断サービスの新たなメニューとして企業ITシステム向けの「Active Directory ペネトレーションテスト」を同日から提供開始すると発表した。同サービスは、MSP(Managed Service Provider)事業を提供するアイティーエム株式会社との技術連携により実現している。

「Active Directory ペネトレーションテスト」では、社内ネットワーク上の検査端末から Active Directory に対し、実践的な攻撃手法を用いた疑似攻撃を行い、脆弱性の有無や攻撃へのセキュリティ耐性の調査を実施、終了後15営業日程度で報告書を提供する。同サービスの実施により、Active Directory に潜むセキュリティの弱点を把握し、具体的な対策を講じることでインシデント発生を未然に防ぎ、企業の事業継続を支援する。

同社では、実際の攻撃への耐性を内部と外部の両方から評価することで、セキュリティの観点から堅牢な社内システム環境の構築と、事業継続と社会的な信頼性向上を支援するとのこと。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×