病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ

新型コロナウイルスによる世界的な感染者急増に対処するため、医療機関は過度な負担を強いられている。そうした中、ソフトウェアベンダは病院をライセンス監査の標的にしている。

国際
病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ
 新型コロナウイルスによる世界的な感染者急増に対処するため、医療機関は過度な負担を強いられている。そうした中、ソフトウェアベンダは病院をライセンス監査の標的にしている。

 「 IT 資産管理フォーラム( ITAM フォーラム)」の調査によると、ベンダは病院の監査を通じて収益の増加を図っているようだ。ITAM フォーラムは、ボーダフォン、ダンスケ銀行(編集部註:北欧のメガバンク)、P&G などをメンバーに数える。

 ITAM フォーラムの議長を務めるメロディ・アイェリは、パンデミックのさなかに多くの病院が監査を受けたと報告していることは憂慮すべきだと述べている。

 「国際的な医療緊急事態に病院をライセンス監査の標的にすれば、基本的に、病院が新型コロナウイルスによる被害を最小限に抑えようとする努力の妨げになる可能性があります。残念なことに、このようなベンダには適切な判断力が欠如していることが明らかです」とアイェリは指摘する。アイェリは、北米トヨタの IT 資産および構成管理のヘッドも務める。

 ITAM フォーラムの調査では、46 %の機関がパンデミック中、ベンダからの監査要求が実際に増加したと回答している。一方、回答者の50 %は監査のリスクが増加していると答え、12 %はリスクが増加するだろうと答えている。

 「ソフトウェアベンダはパンデミックの最中に、監査を密かな販売ツールとして使用すべきではない」そう、アイェリは言う。
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  3. ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、コールセンター受託業務での顧客情報漏えいの可能性

    ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、コールセンター受託業務での顧客情報漏えいの可能性

  4. 「情報漏えいの可能性を完全に否定することはできない」高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

  5. [まさか本気でそんなに儲かると思った?]サイバー犯罪者さん 職種別給与一覧 ~ 求人広告22万件調査

  6. 非表示設定等が可能なファイル形式の送付を廃止 ~ 永年勤続表彰の教員選考に関するファイルを誤送信

  7. 取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

  8. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

  9. ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

  10. 監視広告の覇者になれなかったオラクル、ポスト・ケンブリッジ・アナリティカ時代の逆風

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×