基準適合サービスリスト更新、脆弱性診断サービスは 7 社追加 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

基準適合サービスリスト更新、脆弱性診断サービスは 7 社追加

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月1日、情報セキュリティサービス基準適合サービスリストを更新した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月1日、情報セキュリティサービス基準適合サービスリストを更新した。

「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」は、経済産業省が策定した「情報セキュリティサービス基準」への適合性を各審査登録機関に審査され適合すると認められ、各機関の登録台帳に登録され、誓約書をIPAに提出した事業者の各情報セキュリティサービスを掲載したもの。同リストの掲載期間は、審査登録機関の定める登録有効期間または2年間のうち短い方の期間となる。

同リストは、サービス分野ごとに「情報セキュリティ監査サービス」「脆弱性診断サービス」「デジタルフォレンジックサービス」「セキュリティ監視・運用サービス 」の4つのカテゴリに分かれている。

2月1日に更新された「脆弱性診断サービス」カテゴリに新たに登録されたのは、扶桑電通株式会社、株式会社セキュアブレイン、株式会社スリーシェイク、ALH株式会社、株式会社セキュアスカイ・テクノロジー、株式会社アピリッツ、パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社(いずれも2020年12月20日登録)の計7社となる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×