老舗マーケ支援プラットフォームの「スパイラル」が二段階認証とFIDO認証に対応 | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

老舗マーケ支援プラットフォームの「スパイラル」が二段階認証とFIDO認証に対応

株式会社パイプドビッツは1月25日、「スパイラル」の新バージョン1.13.3の提供を2月25日から開始すると発表した。1月25日から新バージョン1.13.3のβ版の受付を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社パイプドビッツは1月25日、「スパイラル」の新バージョン1.13.3の提供を2月25日から開始すると発表した。1月25日から新バージョン1.13.3のβ版の受付を開始する。

同社が提供する「スパイラル」は、開発の柔軟性と高セキュリティを強みとし、非エンジニアでも業務に必要なWebアプリケーションをローコードで開発できるプラットフォーム。

新バージョンとなる1.13.3では、「スパイラル」ユーザーの75%以上が利用するマイページ構築機能において、ボタン操作のみで二段階認証やFIDO認証を設定できる機能を追加、不正に取得したログイン情報を使ったなりすましやパスワードリスト型攻撃による不正ログインを防止でき、高セキュリティな会員サイトの構築が可能となる。二段階認証の種類は、「アプリ認証」「メール認証」「SMS認証」から複数選択でき、また、通常はスクラッチ開発で2~3か月を要する開発工数をボタン操作のみで半日に抑えられる。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×