統合管理ソフト「AT-SESC」をバージョンアップ、接続端末の可視化と識別可能に | ScanNetSecurity
2021.01.18(月)

統合管理ソフト「AT-SESC」をバージョンアップ、接続端末の可視化と識別可能に

アライドテレシス株式会社は1月8日、AMF-SECurityコントローラー「AT-SESC」のソフトウェアをバージョンアップし「Ver.2.1.0」のダウンロードサービスを同日から開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アライドテレシス株式会社は1月8日、AMF-SECurityコントローラー「AT-SESC」のソフトウェアをバージョンアップし「Ver.2.1.0」のダウンロードサービスを同日から開始すると発表した。

AMF Securityは、UTMやファイアウォールなどのアプリケーションとAMFを連携し利用者端末のアクセス制御や監視、管理を行いネットワーク全体のセキュリティを強化するソリューション。UTMやファイアウォール、エンドポイントセキュリティなどのセキュリティ関連アプリケーションや、人事管理やIT資産管理、入退室管理等のアプリケーションを、同社製のスイッチ・ルーター・無線LANアクセスポイントと連携することで、ネットワーク運用の効率化とセキュリティ強化を実現する。

同社によると今回のバージョンアップで、端末情報として管理していたMACアドレスとベンダー名の紐づけが可能となり、ネットワーク上で被疑端末としてAMF-SECurityに隔離された端末があった際に、端末のベンダー名が分かることで物理的な接続端末の特定が容易となり、被疑端末の特定や感染端末のネットワークからの排除までのプロセスが迅速に可能となる。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×