統合管理ソフト「AT-SESC」をバージョンアップ、接続端末の可視化と識別可能に | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

統合管理ソフト「AT-SESC」をバージョンアップ、接続端末の可視化と識別可能に

アライドテレシス株式会社は1月8日、AMF-SECurityコントローラー「AT-SESC」のソフトウェアをバージョンアップし「Ver.2.1.0」のダウンロードサービスを同日から開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アライドテレシス株式会社は1月8日、AMF-SECurityコントローラー「AT-SESC」のソフトウェアをバージョンアップし「Ver.2.1.0」のダウンロードサービスを同日から開始すると発表した。

AMF Securityは、UTMやファイアウォールなどのアプリケーションとAMFを連携し利用者端末のアクセス制御や監視、管理を行いネットワーク全体のセキュリティを強化するソリューション。UTMやファイアウォール、エンドポイントセキュリティなどのセキュリティ関連アプリケーションや、人事管理やIT資産管理、入退室管理等のアプリケーションを、同社製のスイッチ・ルーター・無線LANアクセスポイントと連携することで、ネットワーク運用の効率化とセキュリティ強化を実現する。

同社によると今回のバージョンアップで、端末情報として管理していたMACアドレスとベンダー名の紐づけが可能となり、ネットワーク上で被疑端末としてAMF-SECurityに隔離された端末があった際に、端末のベンダー名が分かることで物理的な接続端末の特定が容易となり、被疑端末の特定や感染端末のネットワークからの排除までのプロセスが迅速に可能となる。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×