「いつでもリラックマ」管理サーバへ不正アクセス、メールアドレス105,180件流出 | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

「いつでもリラックマ」管理サーバへ不正アクセス、メールアドレス105,180件流出

イマジニア株式会社は1月5日、同社が運営する「いつでもリラックマ」に対し外部から不正アクセスがあり、無料会員登録時に利用したメールアドレスの流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
イマジニア株式会社は1月5日、同社が運営する「いつでもリラックマ」に対し外部から不正アクセスがあり、無料会員登録時に利用したメールアドレスの流出が判明したと発表した。

これは12月30日に、「いつでもリラックマ」を管理するサーバに異常なアクセスを検知したため、原因究明のためシステム調査を行ったところ、2020年12月29日から12月30日までの期間、システムの脆弱性を突いた外部からの不正アクセスが原因で、無料会員登録時に利用したメールアドレスの流出を同日確認したというもの。同社では12月30日に、不正アクセス元IPアドレスを特定し、当該IPアドレスを遮断している。

流出した可能性があるのは、2014年3月18日から2020年1月19日に「いつでもリラックマ」無料会員登録時に利用したメールアドレスの内105,180件。

同社では1月5日から、対象の登録者に対し、メールにて謝罪と注意喚起の連絡を行う。

また同社は1月5日に、個人情報保護委員会への報告と警視庁への報告を実施済み。

同社では既に、本件に対する再発防止策は完了済みで、今後は引き続き更なるセキュリティ強化に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×