あいちトリエンナーレ メール配信システムへ不正アクセス、「期限は1月11日午後3時34分ナリ」弁護士騙り金銭要求自演 | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

あいちトリエンナーレ メール配信システムへ不正アクセス、「期限は1月11日午後3時34分ナリ」弁護士騙り金銭要求自演

愛知県は1月4日、あいちトリエンナーレ実行委員会メール配信システムへ不正アクセスがあり、なりすましメールの送信を確認したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
愛知県は1月4日、あいちトリエンナーレ実行委員会メール配信システムへ不正アクセスがあり、なりすましメールの送信を確認したと発表した。

これはあいちトリエンナーレ実行委員会が管理・運営するメールニュース配信システムに第三者からの不正アクセスがあり、1月4日午前3時頃に、登録者に対しなりすましメールの送信が確認されたというもの。1月4日午前中に、事務局職員がメールニュース配信システムに登録したメールアドレスでなりすましメールを受信し発覚した。同システムへの登録総数は約3,500件で、送信件数については確認中とのこと。

漏えいした可能性があるのは、メールニュース配信システムに登録されたメールアドレスと登録名(氏名等)。

なりすましメールは1月4日午前3時頃に以下のメール本文が送信されている。

-----メール本文-----
新年明けましておめでとうございます。あいちトリエンナーレです。
1/3 午前中に【略】を名乗る者からあいちトリエンナーレ公式サイトが攻撃を受け、全会員様の個人情
報が流出した恐れがあります。
ご迷惑をお懸けしてしまい誠に申し訳ありません。現在総力を上げて原因解明、被害範囲の特定に急
いでおります。
ご不明な点がございましたら、対応窓口へお問い合わせください。
対応窓口 平日 9:30~18:00
担当者:【略】
お電話:【略】
FAX:【略】
以下、【略】からの犯行声明です
----------------------------------------
弁護士の【略】です。
あいちトリエンナーレのサーバーをハッキングして個人情報を入手しました
御社は情報保護サービスの代金として現金2783万円を【略】へ支払う社会的責任がある
期限は1月11日午後3時34分ナリ
要求を無視されると有形無形の損害が発生します
他社事例
https://【略】
-----メール本文ここまで-----

同県では、メールニュース配信システム登録者へのメールでの注意喚起を実施するとともに、メールニュース配信システムの一時凍結の手続を実施中。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×