富士通SSL、セキュリティコンサルメニューを月替わりアラカルトで提供 | ScanNetSecurity
2021.10.16(土)

富士通SSL、セキュリティコンサルメニューを月替わりアラカルトで提供

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは12月10日、セキュリティリスクを多角的・継続的に評価し可視化する「月替わりサイバーリスク評価サービス」を同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは12月10日、セキュリティリスクを多角的・継続的に評価し可視化する「月替わりサイバーリスク評価サービス」を同日から提供開始すると発表した。

「月替わりサイバーリスク評価サービス」は、同社が用意した複数のサイバーリスク評価メニューの中から、顧客が必要とするものを自由に組み合わせ継続的に利用するサービスで、同社では顧客ごとに専任のコンサルタントを配置し、顧客環境を把握し、評価対象の選定から、リスクの見える化、改善提案までを継続的にサポートする。

同サービスで選択可能なメニューは、「IaaS環境のリスク評価」、「クラウド特権IDの評価」、「クラウドシャドーITの評価」、「公開情報からのセキュリティ評価」、「ダークウェブへの情報漏えい評価」、「公開サーバーの脆弱性評価」「テレワークポリシーのセキュリティリスク評価」で、順次拡充予定。

同サービスは、12回のサイバーリスク評価が300万円、6回のサイバーリスク評価が210万円、3回のサイバーリスク評価が120万円で提供、1年間で50社の販売を目指す。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×