ガートナーが日本のセキュリティ管理者に向けた3つのポイント | ScanNetSecurity
2021.01.25(月)

ガートナーが日本のセキュリティ管理者に向けた3つのポイント

ガートナー ジャパン株式会社は11月26日、日本のセキュリティ・リーダーに向け、これからの時代に求められる新しいリーダーシップの在り方について発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ガートナー ジャパン株式会社は11月26日、日本のセキュリティ・リーダーに向け、これからの時代に求められる新しいリーダーシップの在り方について発表した。

同社のアナリストでシニア プリンシパルの矢野薫氏は、これからの新しい形のセキュリティ・リーダーを目指すに当たっての留意点として、以下の3点を提示している。

1.皆がよく知っている言葉に置き換える
キャッチーなワードは、人によって意味が異なり何を議論しているのかが不明瞭なため、具体的な対象がはっきりと分かるように議論を仕切り直すべき。

2.できる限り小さく始める
セキュリティが十分ではない中、ビジネスを推進しなければならない場合には、できる限り小さく始める。

3.これまでとは逆の発想で進める
セキュリティインシデントの際に、「本当の問題は何か」を経営陣に報告する良い機会とできるかどうか。

同社では12月2から4日にかけてオンライン開催する「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2020」で、セキュリティ・リーダーが押さえておくべきポイントを解説する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×