2019年国内IoTセキュリティ市場836億円、2020年前半はコロナ影響(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

2019年国内IoTセキュリティ市場836億円、2020年前半はコロナ影響(IDC Japan)

IDC Japan株式会社は10月8日、国内IoTセキュリティ市場2019年の実績と2020年から2024年の予測アップデートを発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
IDC Japan株式会社は10月8日、国内IoTセキュリティ市場2019年の実績と2020年から2024年の予測アップデートを発表した。

同社よると国内IoTセキュリティ製品市場の前年比成長率は、2019年の14.7%から2020年はマイナス5.4%に落ち込むと予測、国内IoTセキュリティ製品市場の2019年から2024年の年間平均成長率は3.6%で、売上額ベースの市場規模は2019年の836億5,900万円から2024年には997億4,000万円になると予測している。

2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による景況感の減速で、IoTシステムの市場はIoTデバイスの部材レベルでの影響や新規ビジネスへの影響で2020年前半に大きく落ち込むと予測され、IoTセキュリティ製品市場においても同様の影響があるとみている。

企業の生産活動と個人消費は低迷を続けるが、延期となった東京2020オリンピック・パラリンピック開催と政府の景気刺激策に下支えされ2021年に経済成長率がプラスに転じ、経済活動がCOVID-19感染以前の水準に回復するのは2022年以降になると同社ではみている。2021年以降は国内経済状況は次第に回復し、国内IoTセキュリティ製品市場の前年比成長率は2020年のマイナス5.4%から2021年3.9%、2022年7.8%と回復すると予測している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×