初級者向けログ分析トレーニング用コンテンツをGitHub上で公開(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2024.03.01(金)

初級者向けログ分析トレーニング用コンテンツをGitHub上で公開(JPCERT/CC)

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月28日、ログ分析トレーニング用コンテンツを公開したと発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月28日、ログ分析トレーニング用コンテンツを公開したと発表した。

JPCERT/CCでは、Internet Week 2016~2019で「インシデント対応ハンズオン」と題し、標的型攻撃を受けた際のセキュリティインシデント調査手法に関するハンズオンを行ってきたが、公開要望が多かったためGitHub上でコンテンツを公開する。

当該コンテンツは、現場のシステム管理者や組織のセキュリティ窓口担当者等のインシデント調査と分析に関わる初級者を対象にしており、実際の標的型攻撃の事例をもとに作成、攻撃者がネットワーク侵入した際、どのような痕跡がログに残るか、侵入の痕跡を発見するためにどのようなログ取得設定が必要かをシナリオに沿って理解できる内容になっている。

当該コンテンツは、座学のパートとハンズオンのパートで構成されており、こちらから確認可能。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×