GW期間にWebサーバへの攻撃が増加、前半と後半で傾向に差も(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity
2020.05.26(火)

GW期間にWebサーバへの攻撃が増加、前半と後半で傾向に差も(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、2020年のゴールデンウィーク(GW)を含む4月から5月上旬を対象としたサイバー攻撃の検知状況を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社サイバーセキュリティクラウドは5月15日、2020年のゴールデンウィーク(GW)を含む4月から5月上旬を対象としたサイバー攻撃の検知状況を発表した。同レポートは、クラウド型WAFの「攻撃遮断くん」およびAWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」で観測した攻撃ログを集約し、分析・算出したもの。4月1日から5月13日までの状況について分析している。

攻撃状況では、GW期間となる5月2日から4日にかけて急激に増加した。5月5日には落ち着きを見せたものの、5月8日から再びサイバー攻撃が増加している。5月1日から10日までに観測された攻撃数は約1,144万件となり、4月1日から10日までの約759万件から1.5倍以上に増加した。

サイバー攻撃の内容では、GW前半(5月2日~3日)には、「Cross site scripting」「Other」に分類される、Webサーバに対するWeb経由以外でのログイン試行などが増加した。GW後半にかけては、「Web Attack」に分類される、Webサーバを構成するソフトウェアの脆弱性に対する攻撃が急激に増加した。また、件数は少ないながらも、重要なファイルの探索や上位ディレクトリの探索などの「Traversal attack」の急増が確認された。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×