3つのクラウドセキュリティ診断サービス提供開始(ラック) | ScanNetSecurity
2020.05.25(月)

3つのクラウドセキュリティ診断サービス提供開始(ラック)

ラックは、クラウド環境へ移行が進む企業システムにおいて、セキュリティ設定を総合的に診断し、情報漏えいやシステムの不正利用を防ぐ三つの新サービス「セキュリティ設定診断」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは5月14日、クラウド環境へ移行が進む企業システムにおいて、セキュリティ設定を総合的に診断し、情報漏えいやシステムの不正利用を防ぐ三つの新サービス「セキュリティ設定診断」を発表した。クラウドサービスにおける責任分界点の認識におけるセキュリティリスクや、見逃しがちな設定ミスなどに対応するもの。

提供を開始するサービスは、Amazon AWS、Microsoft Azureなどのクラウド環境のセキュリティ設定を診断し、安全性の評価や対処すべき問題を報告する「クラウドセキュリティ設定診断(スポット)」、マカフィーの「McAfee MVISION Cloud」を採用してクラウド環境の各種設定を継続的に解析し、安全性の評価や対処すべき問題を報告する「クラウドセキュリティ設定診断 by MVISION Cloud(定期/1年間)」、仮想やオンプレミスのサーバに対して設定や脆弱性対応の適用状況などを診断し、対処すべき問題点を報告する「サーバセキュリティ設定診断(スポット)」の3種類。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×