「必要性を感じない」は2.3%、SOARへの期待から注目集まる(パロアルトネットワークス) | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

「必要性を感じない」は2.3%、SOARへの期待から注目集まる(パロアルトネットワークス)

パロアルトネットワークスは、「セキュリティオペレーションジャパンサーベイ 2020」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
パロアルトネットワークス株式会社は4月21日、「セキュリティオペレーションジャパンサーベイ 2020」の結果を発表した。同調査は2020年3月、年間売上高500億円以上、従業員数500名以上の国内民間企業において、セキュリティオペレーションあるいはセキュリティ対策全般を担当する意思決定者、現場担当者を対象に、インターネット調査により実施したもの。有効回答者数は472名。

レポートでは、国内企業におけるセキュリティオペレーションと、セキュリティオペレーションの効率化や高度化を実現する「SOAR(Security Orchestration Automation and Response)」の国内での現状をまとめている。調査結果によると、SOARの導入状況は8.9%が「導入済み」、24.4%が「現在導入検討中」と回答しており、注目され始めていることがわかる。特に、セキュリティ成熟度が高い企業における導入率、検討率の高さが目立った。

SOARを導入していない企業に対し、その理由を聞いた結果では、「どこまで自動化していいかわからない(46%)」「必要な作業フローが整備されていない(41%)」「費用対効果がわからない(27.0%)」が上位となった。なお、「必要性を感じない」と回答したのは2.3%にとどまった。セキュリティオペレーションにおける課題では、「スキル不足(43%)」「一部人材のスキルへの依存(43%)」「人材不足(42%)」「セキュリティ製品が複数あり煩雑(30%)」など、「人」と「セキュリティ製品」に関わる課題が多かった。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×