コロナ対策でリモートワークに取り組む企業へ2つのプログラムを提供(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

コロナ対策でリモートワークに取り組む企業へ2つのプログラムを提供(CrowdStrike)

クラウドストライクは、新型コロナウイルス対策の一環としてリモートワークに取り組む組織を対象にした2つの新しいプログラムを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
クラウドストライク株式会社は3月30日、新型コロナウイルス対策の一環としてリモートワークに取り組む組織を対象にした2つの新しいプログラムを発表した。これらのプログラムは、リモートワーク社員の急激な増加に対して、組織が効率的・効果的に対応するためのサポートに特化したもの。これにより同社は、組織がセキュリティを担保し、事業継続に集中するためのお手伝いをしたいとしている。

ひとつは、法人端末向けに提供するプログラム「バースト・ライセンシング(Burst Licensing)」。プログラム期間中、追加料金なく既存のライセンスを拡張できるというもので、特に短期間だけライセンスが必要な場合などに、新しいシステムのライセンスに関する懸念を解消する。もうひとつは、従業員の私物端末向けに提供するプログラム「Falcon Prevent for Home Use」。組織の管理者が、社員の自宅のシステムにインストールするCrowdStrike Falcon軽量エージェントの特別パッケージ版を提供することで、次世代アンチウイルス保護を可能にする。

「Falcon Prevent for Home Use」は3月20日より開始しており、製品を利用している組織が対象となる。プログラムの期間中は追加料金なしで利用できる。また、両プログラムは5月16日まで有効、利用規約が適用される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×