国際的に広がるデータ保護規制が生むビジネス上のリスク対応支援(パロアルトネットワークス、TMI P&S) | ScanNetSecurity
2022.06.28(火)

国際的に広がるデータ保護規制が生むビジネス上のリスク対応支援(パロアルトネットワークス、TMI P&S)

パロアルトネットワークスとTMI P&Sは、サイバー攻撃から経営を守るための独自のセキュリティマネジメントフレームワークの導入支援サービス「SMO イネーブルメントサービス」において、データ保護規制対応の観点での支援に関する業務提携を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
パロアルトネットワークス株式会社とTMIプライバシー&セキュリティコンサルティング株式会社(TMI P&S)は2月19日、サイバー攻撃から経営を守るための独自のセキュリティマネジメントフレームワークの導入支援サービス「SMO (Security Management Office)イネーブルメントサービス」において、データ保護規制対応の観点での支援に関する業務提携を開始したと発表した。

同社が2019年11月に実施した調査によると、ビジネスの企画段階からサイバーセキュリティの専門家を登用しているのは22%、法規制の専門家を登用しているのは17%の企業のみで、サイバーセキュリティや法規制の観点でのリスク評価や対策が後付けにされている現状が明らかになっている。

同社ではこれを受け、ビジネスの計画段階からサイバーセキュリティを一気通貫で適応するセキュリティマネジメントフレームワーク「SMO (Security Management Office)」を開発し、SMOの導入を含めて経営視点でのセキュリティ強化を支援する「SMOイネーブルメントサービス」を2019年12月より提供している。

今回、データ活用におけるプライバシー保護とサイバーセキュリティに特化したコンサルティングファームであるTMI P&Sが、同サービスに関する業務提携により、サイバーセキュリティに関する技術的なリスクだけでなく、GDPR、CCPA、中国サイバーセキュリティ法など国内外のデータ保護規制のリスクに基づくサイバーセキュリティ戦略の立案と実行を可能にした。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×