サーバサービス利用者を対象とした、WordPress向け脆弱性診断(カゴヤ・ジャパン) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

サーバサービス利用者を対象とした、WordPress向け脆弱性診断(カゴヤ・ジャパン)

カゴヤ・ジャパンは、同社のサーバのユーザを対象とした「WordPress脆弱性診断」をサービス提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カゴヤ・ジャパンは2月12日、同社のサーバのユーザを対象とした「WordPress脆弱性診断」をサービス提供開始すると発表した。WordPressを使用したサイトは、シェアの拡大に伴って攻撃対象とされやすくなっており、WordPress本体だけでなくプラグインやテーマの脆弱性を狙われる改ざん被害が後を絶たないことを受けたもの。

実際に100サイト以上のWordPressサイトを診断した結果、83%のサイトでセキュリティホール(脆弱性)が発見されているという。同サービスは、サイトのURLからWordPressの本体、プラグイン、テーマの脆弱性を診断し、レポートを提供する。価格は、1回スポットが4,400円、月1回定期診断(1年)が39,600円。対象となるプランは「共用レンタルサーバー」「WordPress専用サーバー」「マネージド専用サーバー」。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×