AWSやAzure、クラウドサービス対象の脆弱性診断サービス開始(SHIFT SECURITY) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

AWSやAzure、クラウドサービス対象の脆弱性診断サービス開始(SHIFT SECURITY)

SHIFT SECURITYは、AWSなどのクラウドを対象とした、クラウド診断サービスを2月1日より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社SHIFT SECURITYは1月31日、AWSなどのクラウドを対象とした、クラウド診断サービスを2月1日より提供開始すると発表した。これは、運用状況が不透明であることや設定ミスなどによるクラウドを原因としたインシデントが増えている一方で、人材不足や知見の不足から対策を十分に取れていない現状に対応するもの。

同社は脆弱性診断を標準化することでセキュリティ人材不足の課題を解決し、ソフトウェアのセキュリティを保護してきた。クラウドセキュリティに関しても、クラウドの診断項目を既定のコンプライアンスを基に標準化し、ユーザのクラウド体制に対する可視化や評価を行うことを可能にした。対象となるクラウドサービスは、Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloud。診断項目が27項目の「簡易診断」と、49項目の「詳細診断」を用意している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×