正規のペネトレーションテストツールの攻撃への活用など--四半期レポート(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2022.05.19(木)

正規のペネトレーションテストツールの攻撃への活用など--四半期レポート(ウォッチガード)

ウォッチガードは、「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2019年第3四半期)を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は12月23日、「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2019年第3四半期)を発表した。同レポートには、企業が現在のセキュリティ情勢を把握し、進化する脅威に目を配り、身を守るために役立つデータ、トレンド、調査結果、そして防御手段に対するアドバイスが盛り込まれている。

マルウェアとネットワーク攻撃が前期同様に増加傾向にある中、同四半期におけるネットワーク攻撃トップ10リストに、Equifax社の大規模な情報漏えいを含む複数のApache Strutsの脆弱性が初めて登場している。また、Microsoft Officeのエクスプロイトや正規のペネトレーションテストツールなどを用いたゼロデイマルウェアが多数検知されたことに着目している。

レポートでは主な調査結果として、「Equifax社の情報漏えいで使用された、主要な脆弱性を標的とした新たなネットワーク攻撃が登場 」「Microsoft Officeのエクスプロイトが引き続き標的に」「ゼロデイマルウェアのインスタンスが50%増加し、マルウェア全般の検知数が増加」「サイバー犯罪者が攻撃に正規のペネトレーションテストツールを活用」「アメリカ大陸を標的としたマルウェア攻撃が大幅に増加」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×