「Emotet」の特徴を再現したメール訓練を提供(GSX) | ScanNetSecurity
2022.05.19(木)

「Emotet」の特徴を再現したメール訓練を提供(GSX)

GSXは、Emotetに対応した法人向けの訓練メニューを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は12月12日、Emotetに対応した法人向けの訓練メニューを発表した。Emotetの脅威が高まっており、同社の緊急対応チームにも多数の相談が寄せられ、多くのユーザが壊滅的な被害を受けているという。同社ではEmotetが危険な理由として、以下を挙げている。

1:旧来の詐欺メールよりも巧妙な「やり取り型」「返信型」も多く確認されており、容易に見破れないものが増えている
2:いちど感染すると、バックドアや他のマルウェア、ランサムウェアのダウンローダーとして機能したり、より広範な情報窃取型の活動に変化したりする例が多い

最近の事例では、国内大手製造業でファイルサーバやデータベースに保管されていた情報が根こそぎ盗難されたケースや、バックアップファイルまでもがランサムウェアによって暗号化され、システム全体が壊滅的な被害を受け、受発注処理も不能となった被害などが報告されている。

Emotet対応訓練では、訓練対象者に「拡張子.docm」のWordファイルが添付されたメールを送信する。このファイルを開くとMicrosoft Wordが起動し、上部に「セキュリティの警告」、本文にダミーコンテンツが表示される。ユーザが「コンテンツの有効化」ボタンを押すと開封時コンテンツ画像が表示され、メール訓練システムに開封記録が送信される。実施結果報告書には全体の集計結果等をとりまとめて記載され、対象者ごとの開封状況をExcelデータで納品される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×