「うじ井戸端会議」開催案内メールを誤送信、上司への報告を怠る(宇治市) | ScanNetSecurity
2019.11.18(月)

「うじ井戸端会議」開催案内メールを誤送信、上司への報告を怠る(宇治市)

京都府宇治市は11月7日、都市計画課にて誤送信によるメールアドレスの漏えいが発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
京都府宇治市は11月7日、都市計画課にて誤送信によるメールアドレスの漏えいが発生したと発表した。

これは都市計画課の職員が「うじ井戸端会議」の開催案内のメールアドレスを誤って「CC」「TO」に入力し送信したため同報者に互いのアドレスが表示される状態となったというもの。その後、受信者1人から指摘を受け謝罪を行ったが、当該職員はメールアドレスが個人情報であるという認識があったにもかかわらず上司へ報告を行わず、後日、上司が過去の送信記録を確認した際に誤送信による情報流出が判明した。

開催案内メールは、地区まちづくり協議会7名と一般参加者20名のメールアドレスで2つのグループに分けメール送信したため、それぞれのグループ内で互いのメールアドレスが閲覧可能な状態となっていた。

同市では11月6日までに全27名と連絡を取り、謝罪と当該メールの削除を依頼した。

同市では今後、職場会議を行い個人情報保護マニュアルの遵守を周知徹底し、職員一人ひとりの意識改革を図り再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×