「Box」に自社運用ポリシー適用や機会学習によるアノマリー検出(Box Japan) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

「Box」に自社運用ポリシー適用や機会学習によるアノマリー検出(Box Japan)

Box Japanは、企業がコンテンツ管理におけるセキュリティを強化するための新サービス「Box Shield(ボックス・シールド)」を国内で提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社Box Japanは11月7日、企業がコンテンツ管理におけるセキュリティを強化するための新サービス「Box Shield(ボックス・シールド)」を同日より国内で提供を開始すると発表した。同サービスは、Box内の組み込み型(ビルトイン)で制御でき、Boxに保存したコンテンツ上で構築したワークフローにそのまま適応できるセキュリティ管理や脅威検出機能を提供する。

Box Shieldでは、ファイルやフォルダのセキュリティポリシーを企業のポリシーに合わせてカスタマイズできる。たとえば、「社内向け」の分類ラベルがついたファイルに作成された共有リンクは、社内と規定されたユーザのみにアクセスを限定できる。これにより、安全なコラボレーションを実現する。また、社内外からの異常な行動や悪用の可能性がある行動を検出し、機械学習によって脅威を特定、アラートを通知する機能も搭載した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×