ExabeamのUEBA搭載次世代SIEM、LanScope Catやi-FILTERと連携(GSX) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

ExabeamのUEBA搭載次世代SIEM、LanScope Catやi-FILTERと連携(GSX)

GSXは、Exabeam Japanが展開するUEBAを搭載した次世代SIEMプラットフォーム「Exabeam」を、マクニカネットワークスを介し、販売代理店契約を交わしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は10月29日、Exabeam Japan株式会社が展開するUEBAを搭載した次世代SIEMプラットフォーム「Exabeam」を、マクニカネットワークス株式会社を介し、販売代理店契約を交わしたと発表した。これによりGSXは、Exabeamの製品取扱を開始するとともに、新たに中堅企業向け特別パッケージを提供開始する。

Exabeamセキュリティマネジメントプラットフォーム(SMP)は、UEBAを搭載し、ログの収集、解析、対処を一元管理できる次世代SIEMプラットフォーム。スケールしやすいビックデータインフラクチャー上でデータサイエンス、行動分析、機械学習を活用し高度分析を行うことで、外部・内部ネットワークの両方からの脅威を検知、追跡する。

Exabeam中堅企業向け特別パッケージは、マイクロソフト社の「Active Directory」、デジタルアーツ社の「i-FILTER」、エムオーテックス社の「LanScope Cat」のログをDATA LAKE(Exabeamの提供するログ管理サーバ)でログ解析するためのパーサーを標準装備した特別パッケージ。従業員数1,001名までを対象としており、価格は別途問い合わせ。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×