県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

埼玉県は9月9日、埼玉県立妻沼高等学校にて保護者にメールを送信する際に誤送信が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
埼玉県は9月9日、埼玉県立妻沼高等学校にて保護者にメールを送信する際に誤送信が発生したと発表した。

これは9月9日午前8時17分に、同校の職員が台風15号の影響に伴う授業措置の連絡を通知するメールを保護者に送信した際、2学年登録者全員のメールアドレスが表示される状態で送信したというもの。

漏えいしたのは81名の保護者のメールアドレスで、現在のところ個人情報の第三者による不正使用等の事実は確認されていない。

同行では9月9日に、メールと電話にて対象の保護者81名に経緯の説明と謝罪をするとともに、当該メールの削除を依頼、また保護者全員に文書で謝罪を行った。

同県では今後、具体的な事例を用いて情報セキュリティに係る事故防止のための職員研修会を実施し、全県立学校に個人情報の適正な管理を徹底し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×