ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

もしも 5 年から 7 年前であれば、私たちは何があっても身代金を払わないように言うだろう。身代金を払うことで事態を助長することになるからだ。現段階では身代金の支払いで状況は変化しない。 そういう段階がすでに来てしまっている。

国際 TheRegister
 ランサムウェア感染が続いているため、脅迫への対処方法に関する常識が完全に失われようとしている。

 「恐喝者の要求に応じてスクランブル化されたデータを復元するために身代金を支払う」という長らく無意味だと考えられてきたアイデアは実行可能な選択肢の一つとして企業がしっかりと検討すべきだと、分析企業のフォレスター・リサーチが語った。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×