Interop Tokyo 2019 Best of Show Award セキュリティカテゴリ、受賞製品リスト・各受賞理由 | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

Interop Tokyo 2019 Best of Show Award セキュリティカテゴリ、受賞製品リスト・各受賞理由

Interop Tokyo 2019 Best of Show Award が6月12日午後発表された。受賞製品と受賞理由は以下の通り。

国際 TheRegister
 ネットワーク機器の相互接続性検証をテーマに1994年から開催される技術イベント Interop Tokyo 2019 が本日6月12日(水)から6月14日(金)まで幕張メッセで開催される。出展製品に与えられる Best of Show Award 2019 が6月12日午後発表された。受賞製品と受賞理由は以下の通り。

ファイナリスト(ノミネート製品)
A10 Thunder 14045 TPS - Zero-day Attack Protection(A10ネットワークス株式会社)
AppGuard Server(株式会社Blue Planet-works)
Arbor DDoS対策ソリューション(NTTアドバンステクノロジ株式会社)
DEEP THREAT PREVENTION(株式会社アズジェント)
FortiGate 3401E / FortiGate 3601E(フォーティネットジャパン株式会社)
FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS CloudProtect リアルタイム可視化サービス(富士通株式会社)
JATP400(ジュニパーネットワークス株式会社)
・Karamba XGuard CFI(株式会社アズジェント)
・KnowBe4 統合型フィッシング詐欺アセスメント&訓練プラットフォーム(株式会社東陽テクニカ)
Polaris Radar(ルーブリック・ジャパン株式会社)
Safire エンタープライズ ファイアウォールパフォーマンステスタ(丸文株式会社)
Sift(マクニカネットワークス株式会社)
Soliton DNS Guard(株式会社ソリトンシステムズ)
SOMPO CYBER SECURITY サプライチェーンリスク評価サービス(SOMPOリスクマネジメント株式会社)
SRX5000シリーズ Service Processing Card 3(ジュニパーネットワークス株式会社)
Trusona Essential(NTTアドバンステクノロジ株式会社)
WatchGuard AuthPoint(ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社)
スピーチプライバシーシステム「VSP-2」(ヤマハ株式会社)

セキュリティ部門受賞製品
セキュリティ部門 グランプリ
JATP400(ジュニパーネットワークス株式会社)
Sift(マクニカネットワークス株式会社)

セキュリティ部門 準グランプリ
A10 Thunder 14045 TPS - Zero-day Attack Protection(A10ネットワークス株式会社)
FortiGate 3401E / FortiGate 3601E(フォーティネットジャパン株式会社)
FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICS CloudProtect リアルタイム可視化サービス(富士通株式会社)

セキュリティ部門 審査員特別賞
・Karamba XGuard CFI(株式会社アズジェント)
Soliton DNS Guard(株式会社ソリトンシステムズ)
スピーチプライバシーシステム「VSP-2」(ヤマハ株式会社)

各製品の受賞理由は下記の通り。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×