「ハッキングにはハッキングで報復」英閣僚発言、NATO同調か(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

「ハッキングにはハッキングで報復」英閣僚発言、NATO同調か(The Register)

ハント氏は次のようにも述べている。「サイバー攻撃による他国への干渉が一般的なものになってしまえば、民主主義に対する国民の信頼を独裁国家が揺るがす危険がある」

国際 TheRegister
 イギリスの閣僚たちがサイバー戦争に関してより攻撃的なスタンスを取り始めている。2,200 万ポンドを費やして「攻撃的ハッカー」部隊を拡充し、ロシアからのサイバー攻撃に反撃すると外務大臣のジェレミー・ハント氏が宣言した。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×