組織横断のPSIRTを構築、専用サイトを立ち上げ脆弱性情報も受付(三菱電機) | ScanNetSecurity
2022.08.12(金)

組織横断のPSIRTを構築、専用サイトを立ち上げ脆弱性情報も受付(三菱電機)

三菱電機は、製品・サービスにおけるサイバーセキュリティリスクに迅速、確実な対応を推進する組織PSIRTを4月1日付で自社に設置すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
三菱電機株式会社は3月18日、製品・サービスにおけるサイバーセキュリティリスクに迅速、確実な対応を推進する組織PSIRT(Product Security Incident Response Team:ピーサート)を4月1日付で自社に設置すると発表した。同社はPSIRTを中心に全社体制を構築し、製品・サービスのセキュリティにおけるリスク低減などの取り組みを推進・強化するとしている。

同社では、すべての事業本部とその傘下の製作所に、製品・サービスのセキュリティにおける問題への対応などリスク低減を推進する責任者(PSIRTマネージャー)を配置し、生産システム本部に全社を統括する専門の組織(コーポレートPSIRT)を設置する。6月には、同社のオフィシャルWebサイトに製品・サービスのセキュリティに関する専用サイトを開設し、脆弱性情報を集約してユーザへの公開を開始する予定。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×