セキュリティ運用支援ソフトの新版、クラウド版との通信をSSL化(セキュアヴェイル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.21(日)

セキュリティ運用支援ソフトの新版、クラウド版との通信をSSL化(セキュアヴェイル)

セキュアヴェイルは、セキュリティ運用支援ソフトウェア「LogStare Collector」(LSC)の新バージョン(Ver.1.7.0/build190312)をリリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社セキュアヴェイルは3月18日、セキュリティ運用支援ソフトウェア「LogStare Collector」(LSC)の新バージョン(Ver.1.7.0/build190312)を同日リリースしたと発表した。新バージョンでは、新たにSSL通信による接続に対応し、クラウド環境上などに配置したLSCにインターネット経由で接続する際の安全性を向上させた。

また、WMIログ収集におけるログ取得件数を、従来の1回あたり最大1,000件から、最大100,000件(動作環境に応じて)にまで設定変更できるようにした。さらに「LSCクラウド」サービス向けライセンスを追加した。これにより、同サービスのユーザはLSCの運用について、同社のセキュリティエンジニアによるサポートが受けることが可能になった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×