ソフトウェアでインターネット分離環境構築(テクマトリックス) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

ソフトウェアでインターネット分離環境構築(テクマトリックス)

テクマトリックスは、イスラエルBUFFERZONEのインターネット分離(Web分離)専用仮想コンテナクライアントソフトウェア「BUFFERZONE Safe Browsing」の販売を2月末より開始する

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
テクマトリックス株式会社は2月14日、イスラエルBUFFERZONE Security Ltd.(BUFFERZONE)のインターネット分離(Web分離)専用仮想コンテナクライアントソフトウェア「BUFFERZONE Safe Browsing」の販売を2月末より開始する予定であると発表した。同製品は、高価なサーバ機器を購入する必要がなく、端末台数分のクライアントソフトを導入するだけで、インターネット分離環境を構築できるソフトウェア製品。

BUFFERZONE Safe Browsingは、クライアント端末上に仮想コンテナを生成するソフトウェアをインストールすることで、指定されたURLサイトに対するWeb アクセスを仮想コンテナ経由のアクセスに強制する。不正なWebサイトにアクセスし、マルウェアに感染したファイルをダウンロードしてしまった場合でも、感染したファイルをコンテナ内に封じ込めることができる。

実領域(メモリ、ファイルシステム、ハードディスク、SSDなど)に影響を及ぼさないため、マルウェアの感染とその結果の拡散を食い止めることができる。また、仮想コンテナは定期的に再起動されるため、コンテナ内にマルウェアが存在している場合でも、ディスポーザル(仮想コンテナの“使い捨て”)によって、完全に消去される。価格は1端末あたり月額1,000円から。同社では2019年12月末までに300以上の企業や団体に販売する予定。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×