サードパーティ製アプリにCrowdStrike Falconプラットフォームを開放(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

サードパーティ製アプリにCrowdStrike Falconプラットフォームを開放(CrowdStrike)

米CrowdStrikeは、エンタープライズセキュリティ改革に向けて、サードパーティ製アプリケーションに対してエンドポイント保護(CrowdStrike Falcon)プラットフォームを開放すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CrowdStrikeは2月6日、米CrowdStrikeがエンタープライズセキュリティ改革に向けて、サードパーティ製アプリケーションに対してエンドポイント保護(CrowdStrike Falcon)プラットフォームを開放すると発表した。サードパーティアプリケーションもシングルエージェント、シングルクラウドで提供されるエコシステムを実現する、クラウドネイティブセキュリティソリューションとなる。

これによりCrowdStrikeのユーザは、厳選されたサードパーティ製アプリケーションにシームレスにアクセスし、これらを導入できる。このため、CrowdStrike Falconプラットフォームに対する投資効果をさらに最大化することが可能になる。CrowdStrike Storeでは、ユーザエクスペリエンスを最適化できるよう、アプリケーションを分類、階層化しています。なお、同エコシステム内において、ユーザけのCrowdStrikeアプリケーションの無料トライアルを提供している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×