Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.16(日)

Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、同社製品のサポート終了に関して、ユーザの移行状況と最新のクラウド環境への移行支援施策を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本マイクロソフト株式会社は1月16日、同社製品のサポート終了に関して、ユーザの移行状況と最新のクラウド環境への移行支援施策を発表した。同社は2020年1月14日に「Windows 7」「Windows Server 2008」および「Windows Server 2008 R2」、同10月13日には「Office 2010」のサポートを終了する。

現在、日本国内では、Windows Server 2008搭載サーバが48万台、Windows 7搭載PCは、法人で1,600万台、一般家庭で1,100万台が稼働しているとみられる。これに対し、従業員1,000人以上の企業の95%は、Windows 10への移行に向けた取り組みを開始しているが、中堅中小企業では、Windows 7のサポート終了の認知が63%にとどまっている。

そこでマイクロソフトでは、サーバをクラウド環境へ移行する際に、大容量データを迅速に移行できる「Azure Data Box」、ファイルサーバーとクラウドストレージを同期できる「Azure File Sync」を提供する。また、Windows 7とOffice 2010から最新環境への移行施策として、最新デバイスとクラウドサービスをオールインワンで月額課金モデルにより提供する「Device as a Service(DaaS)+ Microsoft 365」を開始するほか、全国12都市で「クラウド活用による経営力強化セミナー」を開催する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×