「Windows 7」延長サポート終了後もエンドポイント製品のサポートを継続(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.12.03(土)

「Windows 7」延長サポート終了後もエンドポイント製品のサポートを継続(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、マイクロソフト社が2020年1月14日に延長サポート期間を終了する「Windows 7」に対し、延長サポート期間終了後も、同社エンドポイント製品のサポートを一定期間継続すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は12月25日、マイクロソフト社が2020年1月14日(日本時間)に延長サポート期間を終了する「Windows 7」に対し、延長サポート期間終了後も、同社エンドポイント製品のWindows 7に対するサポートを一定期間継続すると発表した。延長サポート期間が終了すると、以降OSのセキュリティ更新プログラムの提供を受けることができなくなり、新たに発見された脆弱性を悪用される危険性がある。

トレンドマイクロでは、サポート終了まで残り約一年となった現在でも、100万台以上のPCでWindows 7が利用されていることを確認していることから、企業向け製品の「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」は2024年1月、個人向け製品の「ウイルスバスター クラウド」は2021年12月まで、新たな脅威に対応するための製品アップデートの提供、およびサポートセンターにおける同社製品や検出された脅威などに関する問い合わせ対応を実施する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×