情報漏えい対策ソフトの新版を発売、製品構成も変更(ティエスエスリンク) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

情報漏えい対策ソフトの新版を発売、製品構成も変更(ティエスエスリンク)

ティエスエスリンクは、ファイルの暗号化&二次利用防止ソフト「トランセーファー BASIC Ver.3.0」を発売すると発表した。今回から「トランセーファー」シリーズとして製品展開を行うため、同製品名を「トランセーファー」から「トランセーファー BASIC」に変更している。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ティエスエスリンクは12月17日、ファイルの暗号化&二次利用防止ソフト「トランセーファー BASIC Ver.3.0」を同日より発売すると発表した。今回から「トランセーファー」シリーズとして製品展開を行うため、同製品名を「トランセーファー」から「トランセーファー BASIC」に変更している。希望小売価格は、基本パック(5ライセンス含)が30万円、追加5ライセンスパックが10万円(ともに税抜)からとなっている。

同製品は、重要ファイルを社内外へ配布する際に、データのコピー・印刷を禁止し、不正な二次利用を防止する情報漏えい対策ソフト。PDFやMicrosoft Word / Excel / PowerPointファイルについて、データのコピー・印刷・保存禁止など利用権限を設定して暗号化できる。最新のVer.3.0では、新たに画面キャプチャソフトの除外機能を追加し、Windows 10 October 2018 UpdateやMicrosoft Office 2019にも対応している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×