VenafiのマシンID保護プラットフォームとAPI統合、証明書の管理を容易に(デジサート・ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

VenafiのマシンID保護プラットフォームとAPI統合、証明書の管理を容易に(デジサート・ジャパン)

デジサート・ジャパンは、マシンID保護の企業であるVenafi社と米デジサートが、セキュリティが重視される企業に向け、複雑なマシンIDプログラムを合理化・自動化するための新たな統合について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
デジサート・ジャパン合同会社は12月13日、マシンID保護の企業であるVenafi社と米デジサートが、セキュリティが重視される企業に向け、複雑なマシンIDプログラムを合理化・自動化するための新たな統合について発表した。デジサートのOCSP(Online Certificate Status Protocol:公開鍵証明書の失効状態を取得するための通信プロトコル)基盤と、VenafiのマシンID保護プラットフォームとの密なAPI統合を活用した統合ソリューションを提供する。

ユーザは、新しい適応ドライバーによりデジサートの証明書ライフサイクル管理プラットフォーム「DigiCert CertCentral」の新機能セットにアクセスできる。証明書プロビジョニングの完全自動化から内部ポリシーの適用に至る特定の機能をカスタマイズできるため、PCI DSS、HIPAA、GDPRといった業界規制や、最も要件の厳しいユースケースにも容易に対応できるようになる。 統合ソリューションは多様なシステムにまたがるマシンID保護の統合も合理化するため、ユーザは大量の証明書申請を数秒間で完了できるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×