VenafiのマシンID保護プラットフォームとAPI統合、証明書の管理を容易に(デジサート・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.24(木)

VenafiのマシンID保護プラットフォームとAPI統合、証明書の管理を容易に(デジサート・ジャパン)

デジサート・ジャパンは、マシンID保護の企業であるVenafi社と米デジサートが、セキュリティが重視される企業に向け、複雑なマシンIDプログラムを合理化・自動化するための新たな統合について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
デジサート・ジャパン合同会社は12月13日、マシンID保護の企業であるVenafi社と米デジサートが、セキュリティが重視される企業に向け、複雑なマシンIDプログラムを合理化・自動化するための新たな統合について発表した。デジサートのOCSP(Online Certificate Status Protocol:公開鍵証明書の失効状態を取得するための通信プロトコル)基盤と、VenafiのマシンID保護プラットフォームとの密なAPI統合を活用した統合ソリューションを提供する。

ユーザは、新しい適応ドライバーによりデジサートの証明書ライフサイクル管理プラットフォーム「DigiCert CertCentral」の新機能セットにアクセスできる。証明書プロビジョニングの完全自動化から内部ポリシーの適用に至る特定の機能をカスタマイズできるため、PCI DSS、HIPAA、GDPRといった業界規制や、最も要件の厳しいユースケースにも容易に対応できるようになる。 統合ソリューションは多様なシステムにまたがるマシンID保護の統合も合理化するため、ユーザは大量の証明書申請を数秒間で完了できるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×