スーパーマイクロ社製サーバの中国製スパイチップ報道、 専門家がブルームバーグ報道を鵜呑みにしない理由(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

スーパーマイクロ社製サーバの中国製スパイチップ報道、 専門家がブルームバーグ報道を鵜呑みにしない理由(The Register)

中国による世界の電子サプライチェーンへの介入に対する不安を煽ろうとしている情報関係者がおり、ブルームバーグは情報分野における誤情報キャンペーンがもたらした誤った情報を正確に伝えたのかもしれない、というわけである。

国際 TheRegister
 アマゾンやアップル、アメリカ政府が利用しているスーパーマイクロ社製サーバーに中国機関がスパイチップを忍び込ませたという驚くべき話が5日前に明らかにされたが、その真偽については今も激しい議論が続いている。

 このことを報じたメディアはブルームバーグ。記事に対する批判が日増しに大きくなってきていることを受けて火曜日、ブルームバーグは新たな関連記事を掲載した。このストーリーの中心にいるコンピューターメーカー、スーパーマイクロ社製の部品内にアメリカ大手通信企業がスパイチップによるハードウェアハッキングを発見するに至った経緯についての記事である。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×