Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register)

IoT 機器に感染し、それらをボットネット部隊に強制入隊させる Mirai マルウェアを操っていた主犯者 3 人が禁錮刑を免れた。

国際 TheRegister
 IoT 機器に感染し、それらをボットネット部隊に強制入隊させる Mirai マルウェアを操っていた主犯者 3 人が禁錮刑を免れた。

 パラス・ジャ(22)、ジョサイア・ホワイト(21)、ダルトン・ノーマン(22)は12月、Mirai マルウェアと Clickfraud ボットネットの開発および企図によるコンピュータ犯罪取締法違反の罪状を認めた

 アラスカ州のティモシー・バージェス主席地区判事は今週、彼らに 5 年間の執行猶予と 2,500 時間の社会奉仕活動、そして被害者への 12万7,000 ドルの損害賠償を言い渡した。

 米国のコンピューター犯罪でこのような軽い量刑は珍しいが、この判決には 1 つの明白な理由がある。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×